お試し制作とは

お試し無料 ホームページ制作とはホームページを作ろうと考えている事業主さんは、
どのようにして制作会社を決めているのでしょう。
検討を重ねて選択しても、実際に制作してみないと分からないケースがほとんどです。
そこで、これらの問題を解消できるように事前にホームページを試作して、
お互いに納得したら契約して本当の制作にかかるという方式をご提案します。

  • HOME
  • お試し制作

初めての場合クライアントさんも発注通りきちんと完成するか不安だと思いますが、制作側も制作しているサイトが本当に気に入ってもらって進めていただいているのかがとても不安なのです。
試作したもので実際の画面を確認できれば、お互いに気持ちよく仕事をスタートできるというわけですね。
※もちろん試作ですから、お気に召さなければ発注は不要です。手数料などはいただきません。
以下に「お試し無料 ホームページ制作」を申し込むときに必要なデザインとサイトの構成作りを示しました。
各項目を説明しますので、是非ご活用ください。

基本事項

デザインに入る前にサイトの基本事項を決めます。
■1 サイト名
サイトの全体のタイトルです。各ページのタイトルはそれぞれ決めます。SEOのキーワードにも関係するのでとても重要です。
■2 参考にしたいサイト http://
自分のサイトが目指しているのと似ているサイトがあればお知らせください。
■3 自分の所有サイト http://
既に自分のサイトをお持ちであればお知らせください。
■4 契約サーバー会社
既に契約しているレンタルサーバ会社があれば、契約会社名とサービス名をお知らせください。
■5 独自ドメイン
既に独自ドメインをお持ちであれば、契約会社名とドメイン名をお知らせください。

1.ヘッダー

■1-1 見出しのテキスト
ヘッダーに大きな文字で表示するです。画像で作成する場合もあります。
■1-2 スローガンテキスト
やや小さな文字で表示して見出しテキストを捕捉説明します。無くても構いません。
■1-3 ヘッダー画像
見出しのテキストの背景画像、ロゴや会社のイメージ画像も必要であればヘッダーに入れます。 また、見出しテキストを画像で表現する場合には別に用意する必要があります。

2.メインカラー

■2-1 テーマカラー:サイト全体のイメージを決定する基調となる色
■2-2 ベースカラー:キーカラーを際立たせる背景色
■2-3 アクセントカラー:画面全体にメリハリをつける場合に使用

・サイトを大きく印象付けるカラーに関するプランを立てます。カラープラントはサイトに使用する色の計画。色彩設計とか配色計画とも呼ばれます。配色はまず見た目の印象を大きく左右します。使用色が多い場合は、面積とも関係しますが、全体ににぎやか、楽しいといった」印象を与えます。逆に使用色を絞ると落ち着いた、堅実な印象になります。サイトにあったカラープランを立てることが重要です。

・通常カラープランは最初はあまり細かい設計はせずに、テーマカラー、ベースカラー、アクセントカラーなどを選択しそれぞれをどのように組み合わせていくかを決めていきます。あまり堅苦しく考えずに普段から自分が考えているイメージを大切にして決めてください。

3.ページ幅とカラム数

■3-1 カラム数
1カラム、2カラム(左)、2カラム(右)、3カラム(左右)、3カラム(右右)

右図のように、1カラム、2カラム、3カラムが考えられます。
情報量の多さで選択すればよいと思います。
一番一般的なスタイルは2カラムでサイドメニューが左にあるものではないでしょうか。

■3-2 全体ページ幅
800px 900px 960px 1000px 1100px 1200px

PCを考えた場合は、対象とするディスプレイの解像度から決まります。
現在多いのは横幅1920px、縦1080pxのハイビジョンタイプでしょうか。
また、最近多くなってきたタブレット端末なども考慮しておく必要がありますが、これらを考えるとページ幅は960px~1100pxぐらいかと思います。スマートフォンは別設計になります。

■3-3 左サイド幅
100px 150px 200px 250px 300px

■3-4 右サイド幅
100px 150px 200px 250px 300px

4.メニュー

■4-1 グローバルメニュー位置
グローバルメニューとは画面上部のヘッダー付近に水平に置くメニューです。

グローバルメニューの場所を確定します。

1. Fixed サイト全体の中に固定して場合

2. Outside 記事部分の外に設置します。

3. Menu insaide header ヘッダーの中にメニュー項目を取り込んだ場合です。

各メニューの項目立てを行います。
■4-1 グローバルメニュー項目
■4-2 左サイドメニュー項目
■4-3 右サイドメニュー項目

5.トップページのコンテンツ

一番最初に見に来る確率の高いぺーしです。魅力的に作成しましょう。
■5-1 サイト紹介テキスト
■5-2 画像またはスライダー
■5-3 お知らせ

6.フッター

フッターには会社概要などの必要なページのナビゲーションをする場合があります。
■6-1 フッターメニュー項目
■6-2 コピーライト項目